ラグラージのカウンター!
          しかしうまくきまらなかった。▼

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンカード レアリティの分類について

先日、某ポケカ生主さんの枠で「これはUR?SR?
そもそもSRってスーパーレアのこと?シークレットレアのこと?」

などリスナーが混乱していました。
なのでそれについてまとめた記事を書くことにしました。

この記事ではこれらについて説明します。他にあれば教えてください。
・シークレット
・コモン(C)
・アンコモン(U)
・レア(R)
・ダブルレア(RR)
・スーパーレア(SR)
・ウルトラレア(UR)

・シークレット
シークレットは、カード番号が分母より大きい数字のカードのことです。
隠れカード的なね。その名の通り。

この時に出てくる疑問が、「日本と海外で分母を超えているか否かが違うんですが」
というものですが、先程説明したように、あくまでもカード番号が分母より大きい数字のカードがシークレットなわけで
日本ではシークレットだけど海外ではシークレットじゃないカードがある、ということです。
とりあえず分母超えてりゃシークレット、それでいいです。

ここに来て、少し不思議に思う人、居ると思います。
「なんでシークレット”レア”じゃなくて、シークレットって書いたの?」
はい、何故かと言うと、別に珍しくもないカードでも番号が分母より大きい数字になっている
ことがあるからです。
なので「SR」と書いた場合にはスーパーレアのことを指します。

・コモン
ゴミのように出るカードです。

・アンコモン
資源ゴミ

・レア
粗大ゴミ

・ダブルレア
フルアートじゃないEXポケモンは全部これ

・スーパーレア
ウルトラレアじゃないフルアートは全部これ
ウルトラレアは↓で説明しています。

・ウルトラレア
「金色の枠のカード」というだけだとEvolutionsのカードが金色っぽい枠なのでややこしくなります。
シークレットと同じ条件ではEvolutionsのシークレットが例外になってしまいます。(Evolutionsのシークレットはアンコモン)
「海外シークレットかつフルアートのポケモンと金色のグッズ」という条件はBW1のピカチュウ等が例外になってしまいます。
例外が出てしまうとややこしや~ややこしや。
そこで僕は結論を出しました。
「日本のカードの右下にURって書いてあるやつがウルトラレア」
これが簡潔かつ確実にウルトラレアを指します。
これ以外に例外なく確実にウルトラレアを指す説明を僕は知りません。


これらの情報は間違っている可能性があります。
間違いがあれば教えて下さい。

終わり。
スポンサーサイト

| ポケモンカード | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。