ラグラージのカウンター!
          しかしうまくきまらなかった。▼

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

≫ EDIT

ポケモンカードWCS2018レギュのデッキレビューみたいなやつ。

編集中

あくまでも環境に多かったor多くなりそうなデッキを紹介する記事ですので、どう考えてもマイナーなのは載せません。
でも何も書かないのもアレなので、下の方にマイナーだけど上位入賞したとかのデッキを名前だけ書いておきます。
ちなみに順番は適当で特に意味はないです。
上のほうの項目で解説したカードについては下の方の項目で解説していないので、見たいものがあれば探して下さい。
日本公式の画像のものは僕が適当に組んだやつなので参考までにって感じで。

ゾロアークGX(Zoroark-GX)

ゾロアークGXのみがメインアタッカーのデッキです。
スカイフィールドがないため日本やエクストラほどのパワーはありません。なので回復・妨害を重視する必要があります。
また、それも追いつかないような相手にはサブアタッカーでワンパンしたり出来ないと勝つことは出来ません。
今の所Tord選手がNAIC(7月6日)で準優勝したものぐらいしかありませんが、基本形として紹介したいと思います。
これは現時点で流行しているとは言えないデッキですが、個人的に似た形が増えそうだと思ったため掲載しています。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説
・ヤレユータン 時のパズルとかを戻す動きが単純に強いです。長期戦や対LOの時に特に活躍します。
・ミュウEX マッシブーンをボコボコにします。
・テテフGX4枚 初手アズサの確率上げやピン刺しサポートに。ライオットビートの打点用に置いたりもします。
・カウンターキャッチャー 対ウルネクの時とかに結構使えそう(適当)。実際負け試合を勝ち試合に変えてくれる。
・シンカソーダ3枚 ゾロアークGXへの進化をより確実なものにするため。
・ブロアー2枚 ダストオキシンで止まると困るし、ウルネクの必要枚数ずらしたりも出来る。
・まんたん2枚 めっちゃ強い。中打点デッキをボコボコに出来ます。
・リバースバレー 小マッシをライオットビートでワンパン出来るようになるの偉い。
・こわいおねえさん 相手のパラレルシティを剥がして自分のに張り替えるためによく使います。ハンデスはおまけ
・マオ 相手のデッキによって必要なカードが違うので、それを手札に安定して加えるために必要。
・フレア団のしたっぱ 基本エネ構築は大体加速してくるから効果が薄く感じるが、相手に多くを要求するために。
・弱点保険 これがあるとマッシブーンに対しての勝率が上がる。あとルガゾロも。

アレンジ・追加カード案
・ニンフィアEX レックウザGX対策に。上のレシピの時にはまだレックウザGXいなかったので。
・マグカルゴ 取引と組み合わせるとまあ。デッキ名が変わる気がするけどめんどいのでここに書いちゃいます。
・マインドジャックゾロアーク 鉢巻とか入れる場合はこいついるとめっちゃ強い時がある。
・スペシャルチャージ 個人的に欲しい。パズルでにこたま回収する場面かなり多いのでそれを他に回したい。
・ムキムキダンベル これがあると特にウルネクとジバコネクロに強くなる。
・こだわりハチマキ ニンフィアEXを入れるなら必須。
・ククイ博士 ニンフィアEXを入れた時にこれもあると全部揃えばウルネクに届く。他はあんまり意味ないかな。

グソクムシャGX/ゾロアークGX(Golisopod-GX/Zoroark-GX)

ゾロアークデッキの、対闘デッキ(主にルガルガンGX)に強くするためにグソクムシャを入れた型です。
レシピ案はNAIC(7月6日)マスター部門3位のです。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

ルガルガンGX/ゾロアークGX(Lycanroc-GX/Zoroark-GX)

日本でも流行した組み合わせですね。ルガルガンGXの特性とGX技が強く、相手のゾロアークデッキにも強いです。
レシピ案はNAIC(7月6日)ジュニア部門優勝のものです。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案
カプ・テテフ(フェアリー) レックウザGX対策に。
ユニットエネルギー闘悪妖 フェアリーテテフ用に。

ゾロアークGX/ダストダス(Zoroark-GX/Garbodor)

これも日本の大会でも上位に入った組み合わせですね。
レシピ案はNAIC(7月6日)マスター部門優勝のレシピです。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

レックウザGX(Rayquaza-GX)

言わずもがな、今大会のトップメタですね。下記のレシピは僕が適当に作ったもの。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

マッシブーンGX/ルガルガンGX(Buzzwole-GX/Lycanroc-GX)

よくあるやつですね。海外はコルニやセンパイとコウハイはないですが強さは健在です。
レシピ案はバレンシアスペシャルイベント(SPE Valencia 7月13日)の準優勝のものです。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

マッシブーンGX/ダストダス(Buzzwole-GX/Garbodor)

このタイトルだけなら日本でもありましたが、かなり変わったレシピに見えると思います。
これについては型が2種類あるので、両方紹介しようと思います。
レシピ案1は、メキシコシティリージョナル(6月23日)で2位のものです。
レシピ案1

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

2つ目のレシピはゴミなだれのダストダスも入っている型です。ダストダスがメインと言っても過言ではないです。
NAIC(7月6日)19位のレシピです。
レシピ案2

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

ネクロズマGX/カラマネロ(Necrozma-GX/Malamar)

ウルトラじゃないほうです。レシピ案はNAIC(7月6日)で4位入賞のもの。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

ウルトラネクロズマGX/カラマネロ(Ultra Necrozma-GX/Malamar)

ウルトラなほうです。レシピ案はリオデジャネイロSPE3位のレシピから。
レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

ハッサムGX(Scizor-GX)


レシピ案

カードの採用理由とかを勝手に解説

アレンジ・追加カード案

マイナーデッキっぽいけどとりあえず名前とレシピだけ載せるところ

ひかるルギア/カラマネロ(Shining Lugia/Malamar)

フーパ(Hoopa)

ビーストボックス(Beast Box)

マルマインGX/ゼルネアスBREAK(Electrode-GX/Xerneas BREAK)

ジュペッタGX/ゾロアークGX(Banette-GX/Zoroark-GX)

| ポケモンカード | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑