ラグラージのカウンター!
          しかしうまくきまらなかった。▼

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

XY、ORASでのマスボ効率回収の効率をもっとよく

ID調整してIDクジでマスボ回収できるのはみなさん知ってますよね
その前提で話していきたいと思います

これ専用の神ツールを紹介したいと思います
その名もMasterBallGenerator

普通にseedparamatasearchでもできるっちゃできるんですがこれは専用ツールなので格が違います
何がすごいのかを説明して行きましょう

1.全てのIDとその起動時間をリストにしてくれる!!

いちいち検索しなくてもリストから検索すればすぐ起動時間が分かります!

2.オフセットを考慮して消費を0にできる!!!!!

いいえ押すのめんどくさいですよね それも短縮できます

3.SSS4のconfigを読みこんでくれる!!!!

手で入力するのめんどくさいですよね これも短縮できます
(SSS4のフォルダの中のconfig.txtをコピーしてMasterBallGenerator.exeと同じフォルダにペーストしましょう)

そして極めつけは…

4.タイマーずれを考慮した計算ができる!!!!!!

タイマーを2つ入力することでどちらのタイマーを引いても同じ表IDになる起動時間を
計算してくれます
 どう考えても強すぎです

是非使ってみて、どうぞ。

2015/2/2追記
使い方とかやり方とかで検索してくる方が多かったので書いておきます
※これはBW用です。BW2には使えません。
(MasterBallGeneratorをMBGとします)

1.XY,ORASでクジを引くとこの前でセーブし、クジを引いてIDを確認して、電源を切ります

2.MBGを起動します

3.MBGを使ってresult.txtを出力したことがある人は13へ
そうじゃない人は4へ

4.SSS4をそのロムで使ったことがある人は、5へ
そうじゃない人は6へ

5.SSS4のフォルダに入っているはずの「config.txt」を、MBGのフォルダにコピーします
7へ

6.nazo値、MACアドレス、VCountを入力します
各自調べて入力して下さい

7.Timer0を2種類入力します
各自調べて入力して下さい
5から来た人は9へ
6から来た人は8へ

8.FrameとGxStatを入力します
各自調べて入力して下さい

9.Timer0ずれを考慮するかどうかを聞かれるので、考慮するならy、しないならnを入力します
考慮すると上にも書いたとおり、どちらのTimer0を引いても同じTIDになります

10.秒の下限と上限を入力します
下限以上上限以下の秒数で検索されます
下限と上限は同じ秒数で大丈夫です

11.いいえを押す回数の上限を入力します
上にも書いたとおり、0で大丈夫です

12.検索が開始されます
進んでるのかな…?って時がありますが進んでるので安心して下さい
検索が終わるとresult.txtが出力されます

13.result.txtを読み込んで検索モードになります
クジで出たIDを入力して検索します

14.出た日付などでID調整をします
Timer0ずれを考慮していれば必ず成功するはずです

15.IDを確認して、途中で野生のポケモンを一匹捕まえて、ポケモンセンターに入って、ボックスに一匹入れてセーブします

16.ボックスのポケモンをポケムーバーで輸送、ポケバンクでXY,ORASのボックスに輸送したポケモンを置きます

17.XY,ORASを起動して、クジを引きます
マスターボールが引けるはずです

おわり

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tunu1223.blog.fc2.com/tb.php/34-7f60a737

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT