ラグラージのカウンター!
          しかしうまくきまらなかった。▼

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seed特定中に色違いが出た場合のTSV特定方法

トップ記事に戻る

この記事に辿り着いたあなた。
おめでとうございます。とりあえず、落ち着きましょう。

そもそも「TSV」とは?という方、少なからずいると思います。
TSVとは、「Trainer Shiny Value」の略で、直訳で「トレーナーの光る値」です。
TSVはIDから計算できます。
IDから計算されているということは、そう、ロムに依存していて、ロムリセしない限り変化することはありません。

もう一つ知っておいて欲しい単語が「PSV」です。
PSVとは、「Pokémon Shiny Value」の略で、直訳で「ポケモンの光る値」です。
PSVは、性格値という値から計算できます。
性格値は色違いかどうかの判定にしか使われていないのに何故性格値と呼ばれているのかというと、
4世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー)までは
性格を含む色々な値の決定に使われていたからです。その名残だと思って下さい。

TSVとPSVが一致すると色違いになります。
ということは、、
乱数でPSVの値が任意の値にできても、TSVの値が分かっていなければ色違いに出来ませんね。
だから頑張ってTSVを求めようとしているわけです。

まず、前提条件として、今、ひかるおまもりを所持しているか、国際孵化をしていますか?
ひかるおまもりがなく、国際孵化もしていない場合、TSVを特定出来ません。
え、なんで?と思った方、いると思います。
その理由は、ひかるおまもりもなく国際孵化もしていない場合の性格値の決定方法が分かっていないからです。
僕は、今後も分かる可能性は低いと考えています。
というわけで127個の01で出来た数列を作る作業に戻って下さい。

ひかるおまもりを所持しているか、国際孵化をしているか、その両方の人。
今、タマゴが孵ったタイミングで止めている、という前提で解説していきます。

1,何個目で色違いが出たのかをメモしておく。
2,ソフトリセットする。
3,タマゴを受け取る。
4,すぐに親を引き取る。
5,かわらずのいしを預かって再度あずかりやに預ける。
6,タマゴを受け取る
7,2個めのタマゴを孵して、性格をメモする。
8,パソコンのジャッジ機能を使って、おおまかな個体値を測っておく。(色違いの個体も、次の個体も)
 写真に撮っておいたほうがいい。
9,リセットする。

今やる作業はここで終わりです。
何度か連続で色違いが出ると思いますが、この作業は1回やればそれで問題ないです。
ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seedの特定
の14から作業を再開して下さい。
現在seedが特定出来たら、またここに戻ってきて下さい。

~現在seed特定成功後~
10,求めたseedをconfigに入力して起動する。
11,消費数は、0~上記の1でメモした数+40ぐらいまでで。国際孵化とひかるおまもりは自分の通りに。
g_20161229063244e24.png
12,上記の7で孵化した個体を探す。
13,その個体の、同種族で孵化していた場合は3つ上、異種族で孵化していた場合は2つ上のところの乱数列をコピーする。
14,それを下記の計算機に入れ、計算ボタンを押す。



結果がTSVです。お疲れ様でした。

トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tunu1223.blog.fc2.com/tb.php/81-9b5f34bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT