ラグラージのカウンター!
          しかしうまくきまらなかった。▼

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seed特定中に色違いが出た場合のTSV特定方法

トップ記事に戻る

この記事に辿り着いたあなた。
おめでとうございます。とりあえず、落ち着きましょう。

そもそも「TSV」とは?という方、少なからずいると思います。
TSVとは、「Trainer Shiny Value」の略で、直訳で「トレーナーの光る値」です。
TSVはIDから計算できます。
IDから計算されているということは、そう、ロムに依存していて、ロムリセしない限り変化することはありません。

もう一つ知っておいて欲しい単語が「PSV」です。
PSVとは、「Pokémon Shiny Value」の略で、直訳で「ポケモンの光る値」です。
PSVは、性格値という値から計算できます。
性格値は色違いかどうかの判定にしか使われていないのに何故性格値と呼ばれているのかというと、
4世代(ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー)までは
性格を含む色々な値の決定に使われていたからです。その名残だと思って下さい。

TSVとPSVが一致すると色違いになります。
ということは、、
乱数でPSVの値が任意の値にできても、TSVの値が分かっていなければ色違いに出来ませんね。
だから頑張ってTSVを求めようとしているわけです。

まず、前提条件として、今、ひかるおまもりを所持しているか、国際孵化をしていますか?
ひかるおまもりがなく、国際孵化もしていない場合、TSVを特定出来ません。
え、なんで?と思った方、いると思います。
その理由は、ひかるおまもりもなく国際孵化もしていない場合の性格値の決定方法が分かっていないからです。
僕は、今後も分かる可能性は低いと考えています。
というわけで127個の01で出来た数列を作る作業に戻って下さい。

ひかるおまもりを所持しているか、国際孵化をしているか、その両方の人。
今、タマゴが孵ったタイミングで止めている、という前提で解説していきます。

1,何個目で色違いが出たのかをメモしておく。
2,ソフトリセットする。
3,タマゴを受け取る。
4,すぐに親を引き取る。
5,かわらずのいしを預かって再度あずかりやに預ける。
6,タマゴを受け取る
7,2個めのタマゴを孵して、性格をメモする。
8,パソコンのジャッジ機能を使って、おおまかな個体値を測っておく。(色違いの個体も、次の個体も)
 写真に撮っておいたほうがいい。
9,リセットする。

今やる作業はここで終わりです。
何度か連続で色違いが出ると思いますが、この作業は1回やればそれで問題ないです。
ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seedの特定
の14から作業を再開して下さい。
現在seedが特定出来たら、またここに戻ってきて下さい。

~現在seed特定成功後~
10,求めたseedをconfigに入力して起動する。
11,消費数は、0~上記の1でメモした数+40ぐらいまでで。国際孵化とひかるおまもりは自分の通りに。
g_20161229063244e24.png
12,上記の7で孵化した個体を探す。
13,その個体の、同種族で孵化していた場合は3つ上、異種族で孵化していた場合は2つ上のところの乱数列をコピーする。
14,それを下記の計算機に入れ、計算ボタンを押す。



結果がTSVです。お疲れ様でした。

トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整:孵化等で消費した後の現在seedの特定

トップ記事に戻る

~必要なもの~
・3DS本体2台
・ポケットモンスターサン・ムーンのソフト2本
↑3DSが1台しかなかったり、ソフトが1本しかない場合はインターネットに繋げてフレ戦でトモダチに協力してもらいましょう。
SM孵化乱数調整ツール - The Quantization of QuanDragon
・消費前の現在seed
・マックスアップ、タウリン等のドーピングアイテム2個ずつ

自然発生箇所が多いほど絞り込みやすいので、あかいいとなしで孵化するのが望ましいです。
同じ理由で、かわらずのいしもなしで孵化するのが望ましいです。
また、どこから3箇所遺伝したのかが分かるような個体が望ましいです。
最後にタマゴを受け取った後は、すぐに親を引き取って下さい。
次の子が出来てしまうとズレます。


○最後に生まれた子供の個体値の測定
1,セーブする。
2,クイック通信でノーマルルールで対戦する。
3,個体値を測定する。
4,旧3DSの無線通信を切って切断する。(両方newなら普通に降参でOK)
5,遺伝してない箇所にドーピングを2個ずつやる。
6,もう一度クイック通信ノーマルルールで対戦する。
7,個体値を測定すれば、絞り込めているはずです。
8,リセットすればセーブしていないのでドーピングアイテムは消費していないことになります。

・3DSが一台もしくはソフトが1本しかなく、クイック通信が出来ない場合
1,手持ちに個体値を測定する子を入れる
2,インターネットに繋げる。
3,トモダチに協力してもらい、ノーマルルールで対戦する。
4,個体値を測定する。
5,降参等で試合を終わらせる。
6,遺伝してない箇所にドーピングを2個ずつやる。
7,ノーマルルールで対戦する。
8,個体値を測定すれば、絞り込めているはずです。
9,リセットすればドーピング後はセーブしていないのでドーピングアイテムは消費していないことになります。

下降補正のかかっている場所は絞り込めない場合があります。
その時は下記の目標個体の入力をその範囲に設定して下さい。
もしくは、もう1個だけドーピングを追加してもう一回ノーマルルール対戦をすれば絞りこめると思います。
g_20161221211121c43.png
目標個体を子の個体に設定して下さい。
親の情報は、遺伝箇所が反映されるようなものにすれば問題ないです。
国際孵化やひかるおまもりがあるようなら、そのように入力して下さい。

そうすれば結果が出てくるはずです。
そのSeed欄を左クリックして選択(青い状態)にして、右クリックすると以下のメニューが表示されるので
g_2016122223422073d.png
連続孵化リストへseedを入れるを左クリックして下さい。そして、連続孵化リストタブに移動して、計算ボタンを押して下さい。
g_20161222234552f03.png
その受け取り2のところのSeedが現在のseedとなります。(画像の場合だと、1B80~~)
お疲れ様でした。

トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seed特定ミス時のリカバリー用記事

トップ記事に戻る

○どこでミスしたっぽいか分かっている場合
・2回拒否してしまった
→その箇所に0か1を適当に入れて試してみて下さい。

・正しく動いたが、0か1かよく覚えていない。
→0でダメなら1、1でダメなら0を入れて試してみて下さい。

・受け取ってセーブしてしまった。
→受け取る前の01を全て消して、受け取った後からまた127個埋まるまで頑張って下さい。

・13のレポートを書く作業を忘れてしまった
→その箇所の01を消して下さい。そして作業を1回分追加したら127文字になるので、それで試してみて下さい。

○どこでミスしたか分からない場合
1~7の作業を10回追加で繰り返し、最初のほうの01を10個消して後ろのほうに新しい01を追加して試す。
これを何回かやっているうちにミスした箇所が消えるため成功する。(追加で繰り返した作業が間違っていると悲惨になる。)

トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整:初めての現在seedの特定

トップ記事に戻る

~必要なもの~
・あずかりやまでストーリーが進んでいるポケットモンスターサン・ムーン
・かわらずのいし2個
・性格と性別の違うタマゴが生まれる組み合わせのポケモン2匹
・パソコンとその最低限の知識
SM孵化乱数調整ツール - The Quantization of QuanDragon←DLしておきましょう。この記事の画像はv1.02

~あると便利なもの~
・ポケモン2匹は、コイキングだといい。孵化歩数が全ポケモンで最も短いから。
・色違いを孵化したい場合は国際孵化になる組み合わせだとなおいい。
・ひかるおまもり…こちらも色違いを孵化したい場合はあるといい。
・ほのおのからだ、マグマのよろい…孵化歩数が早くなる。
・まるいおまもり…タマゴの出来やすくなる。
・ジャッジ機能の開放またはもう一つのロムとクイック通信ノーマルルールでの対戦が出来る環境…個体値測定のため

↑先親は♂の親、後親は♀の親のことです。性別不明ポケモン×メタモンの場合は、性別不明ポケモンが先親となります。

~地獄の作業~※間違えると非常に面倒なことになるので慎重に
1,親のポケモン2匹の性格をメモしておきましょう。
2,親のポケモン2匹の個体値をおおまかに測っておきましょう。
3,親のポケモン2匹にそれぞれかわらずのいしを持たせましょう。
4,親のポケモン2匹をあずかりやに預けましょう。
5,タマゴができるまで走ります。
6,レポートを書きます。
7,タマゴを受け取ります。
8,タマゴを孵します。
9,生まれたポケモンの性格を見て、♂の親と同じ性格なら0を、♀の親と同じ性格なら1をメモします。
-----------------------------------------------------------------------------------
10,リセットします。
11,タマゴの受け取りを拒否します。
12,タマゴができるまで走ります。
13,レポートを書きます。
14,タマゴを受け取ります。
15,タマゴを孵します。
16,生まれたポケモンの性格を見て、♂の親と同じ性格なら0を、♀の親と同じ性格なら1をメモします。
-----------------------------------------------------------------------------------

・10~16の作業を126回繰り返します。
この作業の途中に色違いが出たんですけど!というあなたは、
初めての現在seed特定中に色違いが出た場合のTSV特定方法へ。

そうすると計127個の0と1の数列が出来上がると思います。
これを以下のツールに入力します。
SM孵化乱数列検索ツール(WEB版)
g_201612211259404a4.png

最初にDLした、SM孵化乱数調整ツールに同梱されている「config.txt」を開いて、以下のようにします。
g_2016122113192287d.png
TSVについては、今は気にしなくて大丈夫です。
そしたら上書き保存しましょう。

ツールを起動して下さい。status[3]~status[0]がconfig.txtに入力した通りになっているはずです。
g_20161221134222cbd.png
消費数は、123周辺が見られたらいいです。
親の情報は、特に変えなくておkです。(画像では変えていますが、分かりやすくするため。)
両親にかわらずのいしを持たせているので、そのようにしましょう。
その他は、特にいじらなくても大丈夫です。

検索ボタンを押しましょう。
すると、個体値やらなんやらが色々出てくるはずです。
g_20161221135744dcc.png
遺伝箇所を確認する必要があるため、親を引き取りましょう。
親を引き取る時にタマゴが出来ていると思いますが、後でリセするので拒否でもなんでもいいです。
最後に孵化した子の個体値をジャッジ等でおおまかに測りましょう。
遺伝箇所と抜け箇所がそれっぽいのが123にあれば成功です!
その個体値のところのseedが現在のseedです。コピーしてconfig.txtに書いて上書き保存しておきましょう。
念のため、上書き前のものもどこかにメモしてとっておくといいでしょう。
特定出来たら、ソフトリセットしましょう。
親のコイキングを引き取る必要があるのですが、この時タマゴが出来てしまっているので、拒否する必要があります。
なので拒否して1消費で、現在のseedは124消費のところに表示されているseedが現在のseedとなります。
コピーしてconfig.txtに書いて上書き保存しておきましょう。

…この辺りにそれっぽい個体値がないんですけど。というあなた!失敗です!
初めての現在seed特定ミス時のリカバリー用記事に行って下さい。

トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンサンムーン孵化乱数調整用ツールリンク記事

トップ記事に戻る

SM孵化乱数調整ツール - The Quantization of QuanDragon


config.txtを指示通りに編集することで使えます。




トップ記事に戻る

| 乱数 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT